東海地方の開店祝いの習慣

お店の開店祝いにお店の前にはキレイな花が贈られて飾られていますよね。
あのお花、東海地方(特に尾張名古屋)ではお客さんが勝手にもって帰るんです。
大体、開店当日に全ての花がなくなり、緑の花器だけが残っている状態です。
お花が持って帰られるということは、それだけ注目されているお店ということですし
商売繁盛になると言われています。
だから皆ありがたく貰って帰っていますし、買い物してお花も貰ってお互いに
これからもよろしくねって雰囲気です。
でもこの習慣はどうやら東海地方のみのものみたいですね。
他地方に旅行に行った時に、お花の残っている新しいお店を見て
あのお店は何か嫌われているのかな?と思った名古屋育ちの私ですが
周りの他県出身者にとってはそれが当たり前で、
逆に名古屋でお花のない開店祝いを見て、お葬式を連想したそうです。
確かに言われてみればちょっと寂しい雰囲気になっていますよね。
自分の地域の習慣が、他の地域では全く通用しないことは多々あります。
開店祝いのお花を見ると、いつもそんなことを考えさせられます。